上田義塾のモットー

30過ぎ位のオヤジがほぼだけど、白球を純粋に追いかける

野球チームのモットー上田晋也
「ウチのモットー、これはですね、だいたい30過ぎ位のオヤジがほぼ中心というか、ほぼ30過ぎばっかりなんですけども、なのに白球を純粋に追いかけようと。高校球児のように追いかけようじゃないかと。」
桐畑トール
「純粋な気持ちでね。」


-------------------------------------------------------------

上田義塾 2008年のキャッチフレーズ

「アバウト」
「ファジー」
「NOと言える上田義塾」
「ノルウェイの上田義塾」


アナタマ岩井理映子岩井理映子
「私、巨人ファンなんですけれども、今年のジャイアンツのキャッチフレーズは「グレイト」という事で。それに対して「上田義塾」のキャッチフレーズは何か?」

上田晋也
「今年のね。モットーは「白球を追いかける」にしても、キャッチフレーズね、いいね。決めよう、今年のキャッチフレーズ。」
古坂大魔王
「何となくなんですけど、パッと思いついたのは「アバウト」。」
上田晋也
「ああ、このチームにはそれが一番合ってるかもしれないな。」
古坂大魔王
「「アバウト」か「ファジー」。」
上田晋也
「(笑)。だったら、今っぽい言葉で言えば「ファジー」じゃないの?」
古坂大魔王
「流行ってっからな!(笑)」
上田晋也
「「ファジー」。あと「NOと言える上田義塾」。」
浜ロン
「それも最近の流行言葉ですからね。」
古坂大魔王
「「ノルウェイの上田義塾」(笑)。」
上田晋也
「くだらねえ(笑)。本当に怒ってると思うよ?記者の人達。」
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。