上田義塾発足緊急記者会見

記者会見上田義塾緊急記者会見

デイリースポーツ
神戸に本社があるスポーツ新聞。 阪神タイガース情報でおなじみだが、格闘技情報も充実している。

デイリースポーツ記者
「どこまで本気なんですか?」

レギュラー陣
「(爆笑)。」
デイリースポーツ記者
「試合の予定とかは組まれているんですか?」

上田晋也
「一切ないですね、今の所。」
古坂大魔王
「まずは合宿です、はい。」
上田晋也
「そこでね、メンバーが…って言っても、「今日、野球をやるのが初めてだ」というメンバーもいるんですよ。キャッチボールもした事ないっていう。だから、その実力を見極めつつ、ポジションとか背番号の配布、流れ的にはね。」
古坂大魔王
「さっきメンバーに妊婦さんがいましたよ?」
上田晋也
「(笑)。そうなんです、アイツにはスラッガーとして期待してんの。」
古坂大魔王
「ヘッドスライディング、無理だと思うな〜(笑)。2点入ると思う。」
上田晋也
「「一人の体じゃないんで」って(笑)。」
古坂大魔王
「2点!(笑)」
上田晋也
「ですから、目標は本当にマスターズリーグのどなたかと…例えば、いいんですよ、江夏さんだけに来ていただいて、「江夏さんの球を打てるか」とか村田兆治さんでもいいですけども、そういう所を目指して頑張るという気持ちはあります…けど、みんな飽きっぽいのでわかりません(笑)。今ん所、本気です。」
デイリースポーツ記者
「上田さんは小中学校で野球やっていたと聞いたんですが、何番でどこ守ってたんですか?」

上田晋也
「僕、言ってもキャプテンだったんですよ、小学校の時。ポジションはセカンド。打順は主に下位。」
浜ロン
「主にね(笑)。」
上田晋也
「っていうのもね、俺、右バッターだったの、元々。で、そん時一番初めに好きになったの掛布さんだったわけ、阪神のね。掛布さんに憧れて、左に打席を変えたわけ。」
古坂大魔王
「自ら?」
上田晋也
「自ら。左打者になると。」
浜ロン
「強引な事しますね。」
上田晋也
「変えたら、まぁ〜ビックリ。全然打てなくなって、打率が半分になったの。でも、半分って言っても、0割8分だったのね。右1割6分だったから。」
一同
「(笑)。」
上田晋也
「だから、主に下位だったんですけれども。で、今は右でやろうと思ってます。セカンドで上位打線を、僕は今回は打とうと思ってます。“塾長”という権限だけで。」
デイリースポーツ記者
「今までホームランは、ランニングホームランのみ?」

上田晋也
「そうですね。ランニングホームランも一本か二本しかないと思います。だから、そこで柵越えをね。柵越えの強い見方にビヨンドマックス(ミズノの軟式野球用バット)を買いました。大丈夫だと思います。」
古坂大魔王
「どんどん科学の力を使って頑張っていきます(笑)。」
デイリースポーツ記者
「あとGMの方にお伺いしたいんですけれども、助っ人外国人とか、そういう…。」
古坂大魔王
「そうですね、色々考えてます。色々とブッキングしているのは、今の所、バース。」
上田晋也
「お前、何のルートがあるんだ?(笑)」
古坂大魔王
「でも、“下町の”です。」
上田晋也
「“下町のバース”かい(笑)。日本人だよ。」
古坂大魔王
「あとランス。ランスもいますよ。」
上田晋也
「ランス!?」
古坂大魔王
「“中野のランス”。」
上田晋也
「絶対、日本人だよ、それ(笑)。ただヒゲが濃いってだけ。」
古坂大魔王
「“青森の門田”っていうのもいますけどね(笑)。」
上田晋也
「もう日本人じゃねぇか、名前が(笑)。」


サンケイスポーツ
産業経済新聞社(産経新聞社)が発行するスポーツ新聞。通称サンスポ。

上田晋也
「サンケイスポーツさん、お願いします。」
サンケイスポーツ記者
「ちょっと助っ人とかで、芸能界からもどなたか呼びたいなと思ってる方は?」

上田晋也
「そうですね、今、声かけてるのが、はなわ。はなわね、今日スケジュール的に来れなかったんですよ。あとアンタッチャブルの柴田、あと野球をやらないけど野球をやってる雰囲気を味わいたいなっていう時に360℃モンキーズ。」
古坂大魔王
「ヴェーヴェーヴェーヴェーヴェー♪」
上田晋也
「野球やってる雰囲気にしてくれるんで。彼なんかを集めようとは思ってます。」
サンケイスポーツ記者
「相方(有田)さんはいかがでしょうか?」

上田晋也
「相方は野球できないんでね。ただね、強い味方で相方の弟っていうのがいるんですよ。」
古坂大魔王
「ハンパじゃないです。」
上田晋也
「高校球児なんです。甲子園出てるんです。長崎海星vs三重海星っていう“海星対決”の時に、三番手位で出てきて三塁打を三本打たれた記録を持ってます。」
一同
「(笑)。」
上田晋也
「いまだに高校球史に残ってます。」
古坂大魔王
「三並び。」
上田晋也
「その強い味方を呼ぼうかとは思ってます。」
古坂大魔王
「でも、普通に140キロとか投げるからね。」
浜ロン
「140は凄いっすね!」
上田晋也
「何でそいつが強い味方かっていうと、名古屋で作家の仕事してるんですよ。今、中日との繋がりがあってね、去年パーフェクト試合目前までいった山井とか、あと朝倉とか。その辺と知り合いになったらしいんだ。だから、その辺の人達が…ごめんなさい、今勝手に名前出してますからね?勝手に何の許可もなく。」
古坂大魔王
「(笑)。」
上田晋也
「でもね、ひょっとしたら、その辺の方々と交流を持って出来るかもわかりません。」
古坂大魔王
「今日はざっくり妄想ですからね(笑)。」
上田晋也
「そういう所を細かく書いてもらわないと、後から方々から怒られますからね。」
古坂大魔王
「“(仮)”でお願いします(笑)。」
浜ロン
「全部をね。」


月刊SKY PerfecTV!
衛星放送SKY PerfecTV!公認の番組ガイド誌。見やすいジャンル別オールカラーで全チャンネルの番組情報と番組表を掲載。

月刊スカイパーフェクTV記者
「やっぱこういうチームだと、マネージャーがいるとテンション上がると思うんですけど、何かアイドルであったりとか…?」

古坂大魔王
「(流れ)知ってますよ、進行役だよ進行役(笑)。」
上田晋也
「実は今日はですね、この後、ユニフォームのお披露目があります。その後ですね、古坂大魔王が作ってくれた校歌のお披露目があります。流れ言っときますね、ちゃんと質問にリンクしてますから。その後ですね、やっぱ野球チームを作ったという事で、それぞれのトレーディング撮影…何が高校野球がモットーだよ(笑)。」
浜ロン
「白球を純粋に追いかけるはずでしたからね(笑)。」
上田晋也
上田義塾本日の予定「ごめんなさい、ちょっと今日は野球をするのは気が向かないんで。トレーディング撮影、例えば、こう打ってる所を撮ってもらったりね。で、彼は参謀なんで僕に相談してる写真を撮って。それもプレミアカードとかも作ります。それが終わった後に!マネージャーオーディションというのをやります。」
古坂大魔王
「凄いですよ。」
上田晋也
「なんと今日マネージャーオーディションにですね、15人。」
桐畑トール
「15人も!?」
上田晋也
マネージャーオーディションにアナタマも参戦「その中から正式なマネージャーは誰にするか。(記者席の)後ろに綺麗なお姉さんが2人いらっしゃるでしょ?彼女達はアナウンサーの卵と言いますかね、アナウンサーを目指して頑張ってらっしゃいますけど、彼女達もこのマネージャーオーディションに参加してくれますし。」
古坂大魔王
「受ける?ヤベ、早速、恋しそうだ(笑)。」
上田晋也
「(笑)。マネージャーオーディション、軽くどんな事をやるかと言いますと、「高校三年生、最後の夏、負けた時に何て言葉をかけるか選手権」。」
浜ロン
「これ大事ですからね、マネージャーとして。僕らすぐヘコむんでね。」
上田晋也
「あとですね、「試合の前に寝ているエースを起こせ選手権」。あと5〜6項目やります。そういうのでマネージャーはバッチリ!アナウンサーの卵の方もいれば、実際のタレントさんもいれば、三軒茶屋の飲み屋のお姉ちゃんもいます。」
桐畑トール
「幅広い!」
古坂大魔王
「目標は“恋をする”です。」
上田晋也
「すでに白球を追いかける気、全くなくて(笑)。ちゃんとやりますから」
古坂大魔王
「“白尻”を追いかけていきますんで。」


ザテレビジョン
角川書店が発行するテレビ番組情報誌。週刊版は、タレントなど有名人がレモンを持った表紙でおなじみ。

ザテレビジョン記者
「先ほど「今日はやる気にならない」という事だったんですが、いつ頃、野球をやる気になる予定ですか?」

上田晋也
「そうですね、日本シリーズが終わる頃には、たぶん多少テンションは上がってると思うんですよ。日本シリーズ見てワールドシリーズ見て。だから、それ位に照準合わせようかなと思ってます。だってね、これから梅雨になるでしょ?そうするとジメジメした所でやりたくないし、夏暑いしね〜。で、9月くらいになると意外と肌寒い。ですから、ちょっと良い季節を探そうかなと思ってます。」
古坂大魔王
「「今、呼ぶなよ!」って(笑)。」
上田晋也
「いいんですよ?「一回目の練習とか一回目の試合やります」って声おかけした所で、もういらっしゃらないでしょ?どうせ。デイリーさん、正直に言って下さい。次回いらっしゃる気あります?」
デイリースポーツ記者
「内容次第で。」

レギュラー陣
「(爆笑)。」
上田晋也
「絶対来ないよ(笑)。」
浜ロン
「大人の対応ですね(笑)。」
上田晋也
「だって、「今日、会社になんて報告しようか」と思ってるよ(笑)。」
古坂大魔王
「「お前、サボってたろ!?“白尻”って何だよ!?」って(笑)。」
桐畑トール
「白尻もメモってんだ(笑)。」


アナタマ
テレ朝チャンネルで放送中のアナウンサー育成番組。体験レポートで、街、仕事、趣味の情報満載!
隔週土曜日 10:00〜、21:00〜OA

島本真衣
「それではですね、最後、可愛い女性二人に質問していただこうかなと思うんですけれども。」

古坂大魔王
「何でも。」
岡田ゆりか
アナタマ岡田ゆりか「テレ朝チャンネルの「アナタマ」という番組から来ました、アナウンサーを目指しております岡田と申します。」

上田晋也
「よろしくお願いします。頑張ってね。もしどこも雇う所なかったら、ウチで雇うから。」
岡田ゆりか
「ありがとうございます(笑)。」

古坂大魔王
「金は出ないけどね(笑)。」
上田晋也
「じゃあ、仕事じゃねぇよ(笑)。」
岡田ゆりか
「早速、質問させて下さい。対戦相手というかライバルというのは、どこを考えていらっしゃいますか?」

上田晋也
「なるほどね〜、どこだろうな〜…。普通の草野球チームで強い所ってどこなの?」
桐畑トール
「やっぱり水島先生の所の「ボッツ」。」
上田晋也
「無理だな〜勝てないな〜。たけしさんの所は?今。」
桐畑トール
「う〜ん、たけし軍団もほぼ人がいないですね。」
上田晋也
「ポップコーンさんとかは?」
桐畑トール
「いないですねえ。来てないですねえ。」
古坂大魔王
「伊集院さんの所は?」
桐畑トール
「伊集院さんの所は、そこそこ強いっすね。」
上田晋也
「なるほど、伊集院さんの所とやる?あと竜兵さんもやってるだろ?」
古坂大魔王
「竜兵会もある、「上島竜兵会」。上島竜兵会弱い。」
上田晋也
「弱い?竜兵会で!」
浜ロン
「弱い所とはビッグチャンスですからね(笑)。」

岡田ゆりか
「ちなみに皆さんのポジションは?」

上田晋也
「まだ決まってないのね。合宿で決めようと思っていて…。一応、決まってるのは、4番・セカンド・上田。」
古坂大魔王
「え〜、4番セカンドなの?」
上田晋也
「4番は、まぁその日の調子次第で譲るけども。お前、希望はどこなのよ?」
古坂大魔王
「俺はファースト・3番がいいな。」
上田晋也
「古坂・ファースト・3番。もうここで決定していきます。お前は?」
浜ロン
「じゃあ、俺ショートやりたいです。5番。」
古坂大魔王
「いい所いくな〜!」
上田晋也
「浜ロン・5番・ショート。じゃあ、お前トップバッターいくか?」
桐畑トール
「1番バッターで、じゃあ。」
上田晋也
「お前、ポジションは?」
桐畑トール
「キャッチャーで。」
上田晋也
「桐畑・1番・キャッチャー。あんまりいないよ?キャッチャーで1番。」
古坂大魔王
「今からピッチャー探します。」
上田晋也
「ピッチャーいねぇんだ(笑)。もしあれだったら、今投げられるっていう人〜?エース空いてますけど〜?川の向こうに石を投げてたっていう経験のある人〜?」
古坂大魔王
「くだらない…(笑)。」

島本真衣
「では、もう一人の方。」
岩井理映子
アナタマ岩井理映子「同じくアナタマの岩井理映子と申します。よろしくお願いします。私事で恐縮なんですけれども…。」

上田晋也
「私事はダメですよ!」
岩井理映子
「(笑)。」

上田晋也
「知らねぇよ!こっちに関係のある質問をしてくれよ(笑)。」
古坂大魔王
「「お母さんが誕生日です」とか言うの?(笑)」
岩井理映子
「私、巨人ファンなんですけれども、今年のジャイアンツのキャッチフレーズは「グレイト」という事で。それに対して「上田義塾」のキャッチフレーズは何か?」

上田晋也
「今年のね。モットーは「白球を追いかける」にしても、キャッチフレーズね、いいね。決めよう、今年のキャッチフレーズ。」
古坂大魔王
「何となくなんですけど、パッと思いついたのは「アバウト」。」
上田晋也
「ああ、このチームにはそれが一番合ってるかもしれないな。」
古坂大魔王
「「アバウト」か「ファジー」。」
上田晋也
「(笑)。だったら、今っぽい言葉で言えば「ファジー」じゃないの?」
古坂大魔王
「流行ってっからな!(笑)」
上田晋也
「「ファジー」。あと「NOと言える上田義塾」。」
浜ロン
「それも最近の流行言葉ですからね。」
古坂大魔王
「「ノルウェイの上田義塾」(笑)。」
上田晋也
「くだらねえ(笑)。本当に怒ってると思うよ?記者の人達。」

島本真衣
「では、記者の皆さん、もう質問はないでしょうか?」

上田晋也
「そうですね、記者の皆さんも、もうそろそろはらわたが煮えくりかえってきたと…あ、あります!?」
デイリースポーツ記者
「プレミアカードというのは、どういったものを作るのですか?よくジャージ入りとかありますけど、上田さんのパンツの切れ端が入ってるとか、そういうのを作ったりというのは?」

上田晋也
「ああ、それでもいいですね!よくあるじゃないですか、例えば、普通は緑なんだけど、これはゴールドカードみたいな。」
古坂大魔王
「最近は、選手のユニフォームが入ってるんですよ。」
上田晋也
「そういうのでもいいし、普通のカードはバッティングしてるような所だとすると、プレミアカードは俺が赤ちゃんをあやしてる所とかね。」
古坂大魔王
「(爆笑)。」
上田晋也
「それか一緒にお風呂入ってる姿とか。」
古坂大魔王
「“ファミリー”って書いてある(笑)。」
浜ロン
「ポジション?(笑)」
古坂大魔王
「ポジション「ファミリー」。」
上田晋也
「ポジションは「父」だろ(笑)。」
古坂大魔王
「「ファザー」(笑)。」
上田晋也
「そういった所を考えております。」
デイリースポーツ記者
「なるほど…。」

レギュラー陣
「(爆笑)。」
浜ロン
「絶句ですよ、絶句。絵にかいた絶句ですよ(笑)。」
桐畑トール
「聞いて損したというね(笑)。」
上田晋也
「大人は、なかなか言葉を失わないよ?記者さんは、なかなか失わないよ?」
デイリースポーツ記者
「最後に、門出の日が生憎のお天気なんですけども、そういう出発をむかえた感想は?」

上田晋也
「そうですね、今日は上田ちゃんネルの収録を主眼には来たんですけども、グラウンドを一応借りて、今日4本撮る予定だったんですけども…。スタッフの方には本当にありがたいなと。こんなに立派な球場を借りていただいて。」
古坂大魔王
「凄い広いですよ。」
上田晋也
「しかも、昨日まで違う所でやる予定だったんですよ。大田区の方の球場でやる予定だったけど、そっちが土のグラウンドで使えないという事で。それで人工芝を急遽用意してもらってね、本当ありがたいなとは思うんですけれども…。今日もともと僕、外でやる気なかったんで…(笑)。別に今日、居酒屋でも良かったから…だからスタッフ…何してんのかな〜とか…。」
レギュラー陣
「(爆笑)。」
上田晋也
「まぁ、僕の本音です(笑)。」
古坂大魔王
「今のが唯一、記事になります。上田最近天狗です。」
上田晋也
「(爆笑)。」
古坂大魔王
「Yahooニュース「上田天狗!球場取って使わねえ」。」
浜ロン
「確かに天狗ですよね(笑)。」
上田晋也
「あとロシアの女子高生の2人組みたいなね。来たけど歌わねえみたいなさ(笑)。」
古坂大魔王
「t.A.T.u.。ロシアの女子高生って何だよ(笑)。」
島本真衣
「デイリーさん、もうよろしいでしょうか?」
デイリースポーツ記者
「大丈夫です…。」

上田晋也
「何、「もう腹一杯です」みたいな(笑)。」
#43
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。